2017年4月30日日曜日

遺言 2017「人生を持て余すということ」

 タイトルの「遺言」というのはたいして深い意味があるわけではなく、まとまった文章を書く気力がないので、愚痴とも雑談ともつかないものを、ただダラダラと書いてみようと思いました。そんな記事です。


「人生を持て余すということ」

 これは前回のブログ「芸術と救済」に自分自身の人生と時間を持て余していると書いたことの続きです。

 ちなみになぜ人生を持て余しているかの理由はわかってます。それはアドラー的に言えば重要な3つのタスクからずっと逃げ回ってきた事の必然的な結果であり、その事を少し語りたいと思います。

 かつて心理学者のアドラーは誰もが避けられない重要なタスクとして「愛」「交友」「仕事」の3つがあると言いましたが、それを私の言葉で言うと・・・次のようになります。
 「愛」 は人生を共にするパートナーを見つけること。
 「仕事」は社会での役割をみつけて生活をすること。
 「交友」は友人や自分が生活するコミュニティを得ること。

 そしてアドラーは誰もがこの重要な人生のテーマからは避けることができず、何らかの形で取り組まなければならないとしました。このシンプルな指摘は重要でおそらく正しいと思っています。私もアドラーに関する本を読んだことがあってアドラーの実際的でリアルな考え方は共感する者の一人ですが、
 いざ自分の人生を振り返ってみれば、私自身はずっとこの3つのタスクからひたすら逃げ回るような人生ばかりをおくってきたように思います。

 どんな感じかというと、「愛」人間関係を構築するのを面倒がって結局は一人。「仕事」も食うには困らない程度にはやってこれたが定期的に転職(何度もリセット)してきた。「交友」でも新たな関係を積極的に自分から構築しようとした事がほぼないので、ものすごく付き合いが狭い。
 
 これは別に深い意図や明確なポリシーあったからではなくて、なんとなく人間会計が苦手で面倒だという理由で、深い付き合いをする前にいろんな物をリセットしてきた結果です。なのであたかも社会には存在しているが、結果的には半分「隠者」のような暮らしを続けてきました。
 例えば付き合いが面倒なので「ゴルフ」はやらないとか決めて避けたし、性格的に興味ないことに付き合ったり調子合わせたりできないので、悪意や敵意もないのだけど結果的に色々と避けてばかりいたような気がします。

 そして、そうやって過ごしてきた人生がどこにたどり着いたかと言えば、

 「ホーム(自分の居場所)がいまだ見つからない」

 それが現在の私自身です。

 ホームが無いというのは精神的なもので、もちろん物理的に居場所がないわけではないです。なお今の所は食うに困っているわけではありません。でも私には帰りたい故郷とよべるものも無ければ、また思い出して浸りたいような過去もありません。どこにも属していないので帰る場所も思い出に浸るような時代もない。ただ今の時間しか存在せず、歴史や社会とは切り離されているものです。

 なので言い換えれば私はおそらくもっとも過去をもたず、影の薄い人間だという事になるのでしょう。
(他人が私をどれだけ記憶にとどめているかは解らないのだけれども)

 だから私には「愛」というものが基本的には無いのだと思う。親族や友人もいるが亡くなったとして涙を流すかどうか解らない。それにこの社会(日本)が滅んでも悲しいとは思わないかもしれない。だからといって反社会的でもない。べつに憎しみや恨みもないのだから。
 愛がないというのはこういうものなのだろう。例えば日本の状況は最悪だが、デモに参加して正すために運動するよりは、むしろ黙って海外へ移住したいと気持ち的には思う。だからデモや政治的な活動をする人は私は概ね尊敬に近い気持ちをもっている、だって彼らには少なくとも「愛」があるのだから。(例え歪んだ形であったとしてもね)私には到底無理だ。

 最後に、こんな人生が良いか悪いかは解らない。

 ただきっと「つまらない人生」だったのだろうと思う。

 なので私のような生き方は誰にもオススメはしません。


<余談>
 「つまらない人生」だったとは思うが、もしもやり直したいかと問われたら、きっと私は「もう人間は二度とごめんでやり直したくない」と答えると思う。
 私自身は来世はいらない。輪廻転成や天国もいらないと思っている。なので時折、なぜに人は来世を望むのだろうかと考えることがある。私の考え方は変なのかな・・・よく解らないがまあいいか。

2017年4月16日日曜日

芸術と救済

 「芸術と救済」というタイトルは仰々しいが、今回語るのはあくまでも私の個人的な経験に基づく経験や考えだ。私はここ数年ずっと創作(しかも作曲)に拘ってきた。そこに至る経緯と思いを節目として吐き出して置こうと思いこの記事を書いている。


 私がニコニコ動画とSoundCloudに投稿したオリジナル(14曲)、カバー(2曲)である。これらはここ3年ほどの間に投稿を続けてきたものだが、実際にはこれらの曲のほとんどは20年以上も前に作曲したものであり、実際に公開される間には長い年月が経過している。ゆえにこれらは新曲でありながら古くもあり、時代をへて考え方や生活もだいぶ変わったはずの「私」が作ったという少し奇妙な経緯を辿っている。


 20数年以上も前、私はローランドのD20という簡単なシーケンス機能付きのオールインワンタイプのシンセサイザーをつかってとにかく曲を作ろうと四苦八苦していた。そのころ私はフリーターで、自分に何ができるのか何をすればいいのかよくわからず、とにかく何か作品(創作)をやろうとやたらにいろんな事に手を出していた。漫画を描こうとしたり、小説や詩の記述、さらには作曲といったぐあいだ。

 ちなみに漫画は一作試しに書こうとしたが作画作業はとても地道で時間がかかり、また自作のあまりにもつまらなさにすぐ挫折した。小説は試しにいくつか短編と中編を書いたが投稿では引っかからず、ネットで少し公開したがあまりパットしなかった。だが音楽はなかなかうまくいかないにも関わらず中では一番時間をかけて続けていた。
 なぜに作曲にこだわったかというと、私は不器用で演奏がまったくうまくならず、また人混みが苦手でライブしたいという気もあまりなかったので、機械演奏を前提にとにかく新しい曲を音楽を作ろうと思いついたフレーズを片っ端からうちこんでいた。
 当時は友人とバンドを組んでいたのもあり、いくつかは友人の力で楽曲を完成させたものもある。だが大半は完成に至らなかった。大量に打ち込んだフレーズ、あるいは書きかけの歌詞はテープの中に保存されたが、いずれも片隅に追いやられていった。そしていつしか私も会社勤めをするようになったあたりから時間に終われるようになり、創作活動から遠ざかっていった。


 それから約20年が過ぎた。創作を辞めてからの間、それでも私はやはりいつかもう一度創作をする事を夢見るようになっていた。創作などしなくても日常で何も困らない。いまさらプロになって稼ぐというのも現実的ではない。では、どうして創作をもう一度やろうと思うようになったのか?
 その理由は「私が自分の人生を持て余していた」からだ。創作をしなくなって長い。だが創作をしない(しなくて良い)と決めたところで、結局のところ私は他に何をすればいいのかわからなかった。空いた時間、空いた目標をに何を埋めていいか解らず、結局のところは自分の人生をどう生きていいのか解らずに持て余して過ごしていたからだ。

 ちなみに私は過去にブログで書いたこともあるが、どちらかというと社会不適合者である。現在の時代に若い私がいたら必ずアスペルガーか何かの診断をされたことだろう。だが幸いなことに仕事は普通にできるのでいちおうは社会に溶け込んでは暮らせている。
 だがそれでも正直に言わせてもらえば、私にとっての社会は窮屈で退屈なだけの場所だった。長年生きていると学習するので他の人間の事も少しずつ理解できてくる。何が伝わって何が伝わらなかも解ってくる。でも私が誰からも理解されない、理解されない私の姿が残っていることには変わりはない。なので私は常にどこかで人間のフリをして過ごしているような居心地の悪さを感じていた。どうにかやってはいけている、だが世間とはどこかしっくりこず、正直に言うと生きる事が面倒でしょうがなかった。
 そんな私だからだろう。人生がつまらない、安住できる(私が理解されるような)居場所もない。何か人生の目標やテーマがどうしても必要だった。そしていつかもう一度創作を始める日々を夢見るようになった。いつか物語を書こう、新しい曲を作ろうと。だがそれを実際に始めるには長い年月ときっかけが必要だった。


 私がもう一度創作(楽曲)に取り組もうと思い腰をあげたのは、実は3.11大震災・原発災害が起きた事に影響されている。私にとっての3.11は何度かブログにも書いたが、それは平和な日常の終わりであり、リアルに自分が死ぬ、または滅んで逝く者である事を実感する体験となった。だからこそ、人生は有限であり、創作をするならば今やらねばできないと思い立つようになった。
 ではなぜ特に音楽に拘ったかというと、ずっと昔作ったフレーズの残片が20年以上たってもいまだに頭の中に残っていた。未完の作品たち、それらはあたかも亡霊のようだ。頭の片隅で常に微かな囁きを続ける。ゆえにいつしか私は、自分が救済される為にはこの頭に残った亡霊を一つ一つ供養するしかないのではないかと思うようになった。
 またボカロという存在も大きい。楽曲に歌(声)を入れるということが一人でコンピュータさえあれば可能になった。これは私にとってはワクワクすることで、自分の曲は初めて声として聞けるというのは考えるだけでたまらない魅力だった。なのでDTMまったく解ってないのにとにかくソフトを買い集めて作曲に打ち込んだ。
 しかし実際に本気でやって初めてわかったのは作曲とはものすごく奥が深くて難しい。特にアレンジは巨大な学問そのものである。膨大な音楽知識、楽典、楽器、音響、加えてソフトの操作やテクニックなどまであり気が遠くなるような思いだった。
 だが私はそれでも執念で取り組んだ。それは今度こそ本当に救われたい。頭の中の亡霊を一つ一つ供養することで初めて自分も解放(それは死かもしれない)にたどり着けるのではないかと考えたからだ。そして現在公開している16曲ができた。

 まだいくつか作りかけの曲がある、それに新たに作りたい曲やカバーしたい曲もある。時間ができればいずれそれにも取り組みたい。だがどうしても公開したいと願っていた曲はだいたい出来上がった。結果的にあまり再生伸びなかったし評価もされなかったが、それでも私にとっては多くの亡霊を供養できてかなり楽になった。

 ちなみに自作曲は自分ではよく聞いている。自分で作ったからなのか不思議と心が休まる気がする。そういう意味では自身の救いには役立っている気がする。このブログもいったん言葉にしてしまった事で安心する解放される事につながっているように思う。芸術には祈りや告解のような解放のような側面もあるのではないだろうか。時には創作(産む)というのはとても苦しい作業だ。だがそれでも祈りに近いその行為は、行為そのもには救いや解放の側面もある気がする。

<作品リンク>
SoundCloud

ニコニコ動画

<曲名リスト>
・【GUMI】もしも世界が【オリジナル】
・【GUMI】天使になろう【オリジナル】
・【初音ミク】存在しない僕らのイタミ【オリジナル】
・【GUMI】憂鬱の卵【オリジナル】
・【初音ミク】忘却のワルツ【オリジナル】
・【初音ミク】散歩 ~夏の終わり~【オリジナル】
・【GUMI】不思議の湖【オリジナル】
・【GUMI】Beutifull is Power【オリジナル】
・【GUMI】追憶【オリジナル】
・【初音ミク】桜舞い ~陽炎の中で~ 【オリジナル】
・【GUMI×MIKU】アジア黄河【オリジナル】
・【初音ミク】雨上がりの夕暮れ【オリジナル】
・【GUMI】何かが起こる!?【オリジナル】
・【GUMI】忘れ去られた死について【オリジナル】
・【MIKU】バッハ メヌエット ト長調<ロックアレンジ>【カバー】
・【GUMI】天には栄え(クリスマスソング)【ロック風カバー】