2013年1月27日日曜日

経済学者を信じるな!!(その3)何が正しい政策なのか?

 以前は別段、政治や経済政策などに興味はなかったのだが、TPPなどの問題をみるにつけて色々と私も考えるようになった。その問いは「そもそも、何が正しい経済政策なのか?」という事につきるのだが、これは当初考えていたよりも難しい課題なのだとしばらくして気がついた。ようするに色んな知識人が述べている事はほとんどバラバラであまりまとまった意見がないという事だ。

 これは日本の経済政策を見ると解りやすいのだが、緊縮財政なのか公共事業の投資なのか、円高なのか円安なのかとか、結論どころかあんまりまとまった意見(納得できそうな説明)すらほとんどない状況だ。私はこういうのを見ていて、ついに一つの結論に達した。
 「つまりは、誰もちゃんと解ってないんだ」

 あるいは深読みすると、一般人を煙にまいて一部利権者が甘い汁を吸う。その為に、多くの知識人は愚かな振りをしているのだと見る事もできる。おそらくは中にはそういう人もいるだろう。だが、それを差し引いても、やっぱいみんな良くわかってないのだと思う。
 そもそも解っていたら、EUやアメリカだって簡単に経済復活できているだろうし、おそらくは誰も解っていないのだろうと思う。以前にジョージ・ソロスは書籍で「金融工学は科学とはよべないデタラメなものだ」と言っていたが、現在の経済学そのものが、私から見るとデタラメに見える。

 現状では肩書きの立派な学者が、金利の上げ下げだので経済をコントロールできるかのように言っているが、そろそろ全員がこんな馬鹿話に付き合うのを止めるべきだと私は思う。経済学者がいうのは、賃金をもっと安く、イノベーションだ、金利だ・・・と色々な事をいうが、彼らはもっとも根源的な事を口にだしていない。

 もっと常識的にシンプルに考えれば、日本が経済成長しないこの状態は次のようにまず解釈するべきだ。
・需要がない。(十分に物が出回っている)
・成長がない。(GDPが上がった所で豊かにならない事をみんな知っている)
・金利の上げ下げ。(一般人にはどうでも良い。投資家だけの内輪の話だ)

 政府がやっているのは、既得権益である輸出産業や金融関係への利益を中心とした政策であり、GDPという国民からするとどうでもいい基準での政策ばかりだ。本当に国民が望んだ政策を実施している分けではない。
 大多数の国民が望んでいるのは一攫千金の金儲けではなく、安定した暮らしと未来である。40年前にあって今にない最大の物は、未来に対する信頼や希望である。希望がないから、多くの者は身近なものにしがみつくだろう。5年後にまだ飯が食えるかどうか解らないような、不安定社会で消費が向上するわけがない。またそれなりに豊かな物質があるので、そもそもたいした需要がない。

 経済学者しかり、金利の上げ下げだの小難しい理屈を話すまえに、彼らはもっと謙虚にシンプルにこの現状の問題を見るべきだと思う。問題なのは政治や金利などではなく、もっと大きな社会システムの課題だ。現在のバブルを繰り返し、常に経済破綻に怯えながら、バランスシートをごまかすようね政策や言い訳に終始しているこの世界の状況はあきらかに不自然であり、我々システム屋からすると、あきらかに設計ミスした世界であることは確かなのだから。


0 件のコメント:

コメントを投稿