2011年7月29日金曜日

ちょっとオカシイだろう日本人、「道連れ思想」というもの

  3.11の福島原発事故とそこから始まる放射能汚染の問題、さらにはTwitter監視をエネ庁が発注して東電の勝俣会長が理事の会社が受注するという事実。いくら利権とはいえ、ちょっと頭オカシイだろうと言いたくなるような事ばかり続くが、こういった細かい記事の話は他の人もさんざん取りあえげているので、ちょっと視点を変えてこういった事を生み出す思考や考え方について、思った事を記載する。

 たまたま記事を見ていて腹が立ったのが「海江田が答弁中に泣いています(衆院 赤澤亮正110729」の動画で、どこが腹が立ったかというと「赤澤議員」が最初に、海江田大臣に、”今日も手のひらに忍の字を書いてきたか”という冒頭のくだりである。そして以降の、ひたすらしつこく海江田大臣に、いつ辞めるのかと問い続けるシーンである。

 まず誤解が無いように先に述べるが、私は海江田大臣は好きではない。むしろ官僚の言いなりで利権を守ろうとする”最低な政治家”だと思っている。泣こうがどうしようが、そんな事には興味はない。何に腹がたったかというと、「忍」の文字がどうだとか、「大臣の気持ちをお察しします」だとか、こういったくだらない事をダラダラと述べる「赤澤議員」であり、動画を見ている瞬間には、彼が現在の日本のダメな政治家、ひいてはダメな大人を代表しているように思えたからだ。

 わざわざ国会のようなパブリックな場で、本題に関係ない事をネチネチと言い続けて得意になる愚劣さも腹立つが、それよりもこの非常時がつづく時期に「さっさと仕事しろろ」という思いと、「ダラダラ何やってんだ」という気がした。そしてこれが普通だという空気で続く、国会という場は、本当にダメな連中によるダメな会議だとつくづく思った。こんな連中しかいないのだから問題解決などするはずもない。


 もう一点今日みた記事でひっかかったのは「森ゆうこ議員を囲む会」で話題にでた、福島からの自主避難民に対する話題だった。危険を感じて自主的に逃げた人々に対しては公的な支援は皆無に近い、むしろ妨害したり、一人だけ逃げだして的な嫌がらせ的な話も、今までなんどもネット上で目にした。この自主避難民についての差別というか嫌がらせという仕打ちは、毎回話を聞くたびに腹が立つ。理由は、これが「最も日本人のダメな所」が顕著に出た事例だからだ。

 ちょっと前に「人命軽視の国」でも書いたが、時々どうしても私は「日本人は頭がオカシイのじゃないか?」と思う事がある。チマチマとした細かい気配りをする割には、時にはとても残酷な仕打ちをする。その根本になる思想が「人命軽視」で、さらに根っこが「個人」を尊重しないからだと私は考えている。
 
 福島県内みたいは高被爆地帯から脱出する人に対して、どうして残る者たちが「達者でな」の一言ぐらい言えないのか? 今の日本はまるで全員が沈没船の中から逃げようとしている人の足の引っ張り合いをしているように見える。逃げる奴を止めたところで自分が助かるわけではない。それならば、せめて逃げる奴を黙って見送ってやればいいではないか。それができない日本人には、足を引っ張り合う「道連れ思想」とでもいうものがあるとしか思えない。 

 私が今危惧しているのは、その道連れ思想が、秋には汚染米を混ぜて平等にした状態で出荷し、国民を平等に被爆させる事につながることである。誰も責任を取らず、他人の足をひっぱる事しかしない連中。おそらく彼らは最後まで意味の無いチキンレースを続けるだろう。報道だけを見ていれば、この国にはまともな大人はいないんじゃないかとすら思えてくる。

 いい加減、情緒や思いやりやとかいう言葉の誤魔化しを止めてもらいたい。現実をみて責任ある大人としての対応をするべきだ。現実世界でこの事態を解決し、なんとか被災民を救おうとすれば、残酷な決断をしなくてはならない。そして残酷な決断をした十字架を背負っていかなければいけない。答えは最初から誰にも解っているが、ずっと誤魔化しているだけなのだ。

 
 最初からずっと解っていた答えは・・・・次のようなものだ。
  • 福島県を含む広範囲の人々を強制避難。100年程度は戻らない覚悟で行うこと。
  • 各地からの汚染物質を福島原発の周辺に集める。
  • 汚染地帯での農業、水産、畜産などは全てストップ。汚染食材の流通を止める。
  • 汚染されてない食材が不足するならば、女子供から優先に汚染の少ない食材を提供する。
  • 原子力は全て停止させて火力などでとりあえずは電力を補う。

 汚染を止めて廃棄物を処理する為には、福島周辺を切り捨てざるを得ない。土地ではなく人を救う事を優先しなければならない。それに日本の現状では、原発みたいな高リスクな施設を管理できるような余力も能力もない。原発継続して電気代を値上げする余力もない。将来起こる致命的な健康被害や世代を超えて累積すると考えられる遺伝的な被害を止める為には、無理矢理でも人々を逃がさなければならない。例え経済破綻しようが、失われた信頼を取り戻さなければならない。


 これはきっと誰もが最初から解っていたはずだ。だが「被災地を見捨てるのか」、「農家の気持ちを考えろ」、「一人だけ逃げるのか」といった感情的な意見に終始し、結局だれも決断しない(責任を取らない)でここまで来てしまった。

 
 第二次世界大戦の時代、日本の愚劣な将校たちを止めたのは敗戦という事実だった。だが今は都合よく日本を止めてくれる外圧などは存在しない。自分たちでこの事態に決断をしなければ、今後は失われた10年どころではなく、国すらなくなるだろう。


<参考>
・海江田が答弁中に泣いています(衆院 赤澤亮正110729)

・森ゆうこ議員を囲む会

・情緒的報道文化がもたらしたもの

・記事監視:エネ庁が08年から 今年度はツイッターも対象

・映画「タイタニック」と原発事故

2011年7月22日金曜日

脱メディアのすすめ

 ようやく地デジへの完全移行があと2日となった。ちなみに私は地デジ対応をしていない。チューナー買えばいいのだろうが、あえて対応しないで、しばらくはTV無しの生活もいいかなと思っている。それに3.11以降は特にTVや主要新聞などの従来の主要メディアの問題点ばかりが目立つようになり、色々と考えなおす点が多かったからだ。

 私は元々新聞を取っていない、取ろうと考えたこともほとんどない。理由は新聞を読む時間があまり取れないことが第一で、読むとすれば電車通勤時間ぐらいだが、新聞は無駄にでかくて広げると邪魔になる。だから、ずっと新聞もA4サイズになればよいと思っていたが、こういったところが新聞社の営業努力の無さだと思うが改善された為しはない。ちなみに最近はスマートフォンのニュースリーダーで見たい記事を探してみるので、まったく新聞は不要となった。

 なおTVについては、もともとあまりTVを見なくて、見たい時には録画してあとから再生してCMを早送りしながら見ている。最近は動画でも色々と見えるようになったので、これもあまりTVの必然性を感じない。家にいるときにつけていることも多いが、これはむしろラジオの代わりにつけている程度のもので、実際に見たい番組は少ない。なお見たくない番組、というか見ているとイライラする番組はおおいので、むしろあまりみない。

 だからネットがあれば、既存の主要メディアはあまり必要性を感じないというのが正直なところだ。また主要メディアの問題点が最近ではあまりにも、酷かった、だからもっと積極的にみんなが「脱メディア」をするべきではないかと、考えるようになった。


 「脱メディア」を強く思うきっかけは、やはり3.11に始まる福島原発事故についてだ。本来は政治をチェックし、市民に正しい情報を伝えて欲しいはずのメディアだが、彼らは明確な意思をもって、むしろ正しい情報を伝えなかった。

 例えば記事『理解されない福島の怒り 誰も伝えない被災地の「マスコミ不信』では、南相馬市には5月前後に主要マスコミからのファックスによる取材申し込みが多かったそうである。何故ファックスかというと、マスコミ各社の社内規定にて原発から50キロ圏内は立入禁止となっているからであり、南相馬市は30キロ圏外だが50キロ以内になる為に、直接取材で入れないということだった。つまり、まったく矛盾している話だが、マスコミ社内で立入禁止に指定されているはずなのに、マスコミは安全だと報道し続けた。

 また反原発のデモについては主要メディアでは報道が少ないし、放射能汚染についてもようやく少しずつ控え目にだが報じられるようになったにすぎない。福島事故についてのある程度まともと思われる情報が手に入るのは、ほとんどがフリージャーナリストか、個人で調査をしたような有志による活動のおかげである。

 そして今なお続く放射能汚染の問題について、マスコミはまだ正しい議論をするのを妨げているように感じる。政府の発言を遅れて伝えるのがマスコミの実情であり、また海外の報道も曲解して伝えたり、ニュアンスをゆがめているのではないかと疑問を感じる事も多い。

 解りやすい例は「汚染牛」の問題だが、当然汚染は牛にかぎった話ではない。他の食材についても汚染されているはずである。だが、あたかも汚染は牛だけであるかのような錯覚と、他は安全であるかのような誤解をしかねない記事が多数だ。

 結局のところ、主要メディアで伝えている記事と言うのは、政府や財界などの発信情報を「左から右へ垂れ流す」だけか、スポンサーの気に入る記事を書くかていどで、実際に役立つ情報はほとんど得られない。逆にローカル紙は比較的健全な報道をしているようだ。問題が大きいのは全国紙のような、大スポンサーが付いているメディアだろう。

 しかしそれでも私は、やはりマスコミにはしっかりして欲しいと願っている。こういった大問題があった場合に、正しく議論をするには、やはり正しい報道や情報が不可欠である。ゆえに、このブログを読んだ人には、次の提案を行いたい。

<提案>
  • 全国紙の新聞を読まない
  • 全国ネットのTVをみない
  • 記事はネットを使って複数の情報ソースを取る事
 ちなみに私的には、Twitterとか口コミの方が稀に誤報はあってもトータルとしてみれば役立つ情報が得られる。上記提案はこうやってまずは、主要メディアの内容を市民が厳しい目でチェックをするようにし、そして妥当なメディアへと少しずつでも変わって欲しいのを願う為である。


<参考>
・理解されない福島の怒り 誰も伝えない被災地の「マスコミ不信」 JBpress(日本ビジネスプレス)

2011年7月15日金曜日

こういうのを言論規制と呼ぶのではないか

 記事を簡単に要約すると、エネルギー庁がネット上の原子力に関する言論内容を、外部業者に委託して調べさせていたということだ。参考として挙げたのは、業者への入札広告と仕様書である。なおTwitterやブログでも話題となっており、目に付いたものを参考として挙げておいた。

<概要>
資源エネルギー庁
「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業」
:入札公告: http://j.mp/o0gPI2
:仕様書: PDF http://j.mp/qaF5L4
:事業目的: ツイッター、ブログなどインターネット上に掲載される原子力等に関する不正確な情報又は不適切な情報を常時モニタリングし、それに対して速やかに正確な情報を提供し、又は正確な情報へ導くことで、原子力発電所の事故等に対する風評被害を防止する

 最近は原子力の話をするのは気が滅入るので、止めようかと思いかけていのだが・・・。ここまでツッコミを誘うようなネタがあれば、さすがに無視はできない。ということでブログの記事としてみたが、いまさらという感じでコメントする気もなれない。

 ネット上での噂もあり、原子力村にまつわる過去の経緯などを考えると、こういった事をやっているという事実は、「ああ、やっぱり」とい言うのが本音だ。しかし気になるのは情報収集よりも、その後であって、もしも気に入らない情報を発信している、ジャーナリスト、ブログ、Twitterなどを見つけたら、いったい彼らはどうするつもりだったのかが気になる。

 抗議するのか、金銭をバラまくのか、権力にて屈服を試みるのか? あるいはもっとダイレクトな手段を取るつもりなのか、そこが知りたいところだ。現状でも原子力村の権力や手の届く範囲は広い、電力業界+マスコミ+政府+官僚+財界+学会+検察+?・・・だが正直どこまで及んでいるかが解らない。だから懸念なのは、もしも彼らがダイレクトな手段を取ると決めれば、たいていの事はできそうだと思うからだ。

 推測だが、おそらくは関連の天下り法人とかが高い金で受注し、作業を外部を丸投げして、結果でてきた資料を元になんかやらかすのだろう。あきらかに無駄金だし、まじめに言論統制なんかされたらたまったものではない。

 
 しかし、逆の視点で考えてみれば、彼らはいったいどんな情報を「正しい情報」あるいは「風評被害」とみなしているのだろう。ちょっと想像で思いつくものを列挙してみる。

<(彼らが望む)正しい情報とは・・・?>
  • 原子力は安全でクリーンなエネルギーである。なお、電力コストが最も安くて、将来有望。
  • 福島事故は順調に回復しつつあり、今後同様の事故が日本で起こる事はない。
  • 放射能汚染はたいしたことない、健康被害もおこらない。もっと宣伝してみんな福島の復興に努めるべきだ。
  • 原子力を止めれば、ただちに電力不足になる。
  • 原子力を継続してこそ、経済復興や今後の繁栄が見込まれる。

<(彼らが考える)風評被害とは・・・?>
  • 福島事故で日本はチェルノブイリなみか、それ以上の汚染地帯が存在する。
  • 食品、空気、水に対する放射能汚染の心配はない。東北の食材や海産物をもっと消費すべき。
  • 20ミリシーベルトは問題なし、もっと高くても大丈夫。
  • 原子力村により日本経済や政治がゆがめられている。
  • もんじゅは数兆円規模の巨大な無駄金で、こんご役に立つ見込みなし。
  • 福島事故のときに、情報をいち早く得た関係者は、即刻非難したが、一般へは情報を隠した。
  • マスコミや御用学者に対する金銭のバラマキはないし、彼らは正しい情報を出している。

 すぐに思いつくのは、まあこんなところである。最近は少しずつ原子力についても情報がTVで出るようになったし、ネットで記事をしらべれば、どれが正しい情報かはおそらく誰でもすぐに解るだろう。その判断はこのブログを読んでくれた各自にゆだねる。


 ちなみに私がそれより先に言いたいのは・・・

 「お前達のような存在そのものが、この国の風評被害だ」ということだ。

 歴史にもしはないのだが、もしも福島事故が起きたときに、ただちに正確な被害情報をだし、住民を退避させ、食品規制も考慮した妥当な値にするなり、検査体制をさらに厳しくし、そしてエネルギー政策の誤りをただちに議論して見直していれば・・・ 日本は大災害を起こしたにかかわらず、むしろその逆境を逆手にとって従来のクリーンで正確だというイメージを持てたかもしれない。

 だが現実はその逆ばかりであり、おそらく外国からみればクレージーとしか思われてないだろう。おかげで日本からの輸出品に対する信用は地に落ちたし、政治のみならず日本は本当に先進国なのか? という疑いすら持たれているだろう。同時に傷ついたのは日本のモノづくりのプライドだ。

 鎖国でもするつもりならば、意味あるかもしれないが、海外との貿易で成り立っているこの国で、いつまでもバカなことをするのは止めろ。誤魔化しに使う労力やエネルギーを現状の問題解決に使え。国が滅べば省益も何も残りはしない。


<参考>
・入札公告「平成23年度原子力安全規制情報広聴・広報事業(不正確情報対応)」
 上記入札の仕様書

・資源エネルギー庁: ツイッター・ブログなどにおける言論監視事業を入札公告 #genpatsu #seiji

・政府によるブログ、ツイッター監視仕様書 

・エネルギー庁の一般競争(総合評価方式)の契約実績(H22/4)

・放射能で広がる異変~子どもたちに何が起きているか

2011年7月8日金曜日

嘘で塗り固められた世界

 始めについた小さな嘘を誤魔化すために、結果として嘘をつきつ続ける事になる。誰しも子供の時に体験した事があるだろう。しかし、それが今は日本国という単位で行われている。最近驚いたニュースに、農林水産省が放射能汚染された汚泥を肥料として使用するという記事があった。度重なる日本政府のクレージーな対応には、あきらめつつも、慣れつつあった私も、さすがにこの記事は驚いた。

 汚泥を処理するとしても堆肥は最悪の手段である。そんな事をすれば程度の差はあれ、日本じゅうの耕作地が放射能汚染されてゆくことは確かだ。そして一度やってしまえば、元に戻すことはできない。これはあたかも、意図的に日本じゅうを等しく放射能汚染させたいかのような行為だ。何故こんな事をしたいのか理解できなかった。

 だが色々と考えているうちに、なんとなく解ってきた。別に彼らとて等しく放射能汚染をばらまきたいわけではなく、これは最初についた嘘の続きなのだろう。その最初についた嘘というのが「放射能汚染はたいしたことない。原子力は推進できる」というものだ。

 政府も官僚も、3.11以降の放射能汚染をひたすら過小評価しつづけ、本格的な対策はほとんど行わなかった。彼らは福島の被災地で進む高濃度の汚染を無視した。住民を避難させなかった。食品の放射能汚染汚染規制を大幅に引きあげた。被災地の汚染された廃材を各地にばらまかれるのを放置した。こういった度重なった嘘の続きが今回の堆肥の問題だ。

 しかしさらに驚いたのが「20キロ圏外の避難区域解除、7月半ばに協議 細野原発相」とう記事だ。ずっとこのブログ上でも避難区域をもっと広範囲に広げるべきだと書いてきたし、東京のような関東圏内でも安全ではなくなってきたと書いてきた。それが拡大ではなく、避難区域を縮小するというのは、正気とは思えない指示である。

 おそらくは福島原発事故対策のロードマップの日程に合わせて言い出したのだろうが、原発事故はなんら解決してないし、いまだに危険は続いている。当初ロードマップを立てた前提も違っているし、問題もほとんど解決せず、むしろ状況は徐々に悪くなっている。例えば・・・
  • 炉心状況はメルトダウンどころか、メルトスルーで恐らく地下を汚染継続中、当然空中への放射能漏れも一定量で継続中
  • 冷却循環は作ったものの、メルトスルーした状態では、そもそもどういった効果や意味があるのか疑問
  • 4号機建屋が崩れかけている問題があり、これが崩壊すると再び大規模な放射能散布が起こる恐れがある
  • 福島県内の汚染は広がっており、徐々にチェルノブイリを超える汚染地帯が発覚している
  • 食品汚染の問題あり、汚染廃棄物や、汚泥のような問題も次々と発覚
 はっきり言って状況は良くなっていない。特に4号機建屋の問題があるので、住民を近くへ戻すのは無茶もいいところだ。あいかわらずの、とてつもない人命軽視の判断に驚かされる。

 ただ始めの嘘を付き通すために、メンツだかなんだか解らないものの為に、これらの嘘はまだまだ続けられてゆく。


 ちなみに最近のTwitter上では、管総理が反原発に舵をきったと擁護する意見と、管総理に騙されているのだという意見に両極に分かれつつある。政治の世界は、ずっと前からまともな理屈で動いていないが、この点について私はこう考えている。

「もしも、管総理が現在の放射能汚染の被害状況を正しく認識しなおすのならば、それを評価する。それ以外はおそらく政治駆け引きだけの問題なので、状況しだいではどちらへも転ぶだろう」

 現状を正しく認識しない者には、永久に正しい解は得られない。今起こっている被害を理解しなければ、これらは失われた10年どころか、100年以上だって失われてゆくだろう。エネルギーだの、経済だの、反原発/反・反原発、・・・etc、まず必要で、そして出来ていないのは、正しい現状認識である。どれほど時間がかかろうが、まずはそこから始めないといけない。

 そして私が見る限り、この国では、まだ正しく現状を認識できていない。特に政治家や官僚達は、現実を見るのを恐れて、言葉と机上で戯れているだけだ。


<参考>
・放射線汚泥肥料 人体への影響を専門家が警告

・放射能汚泥を肥料として流通させないための動きもはじまっています。

・20キロ圏外の避難区域解除、7月半ばに協議 細野原発相